前へ
次へ

市街化調整区域で住宅を建てるときの注意

原則として市街化調整区域では新たに住宅を建てられません。
ですからわざわざ市街化調整区域の土地を購入して建てようとは考えない方がいいでしょう。
建物が建てられないだけでなく売るのも難しくなります。
買った価格よりもかなり低い価格でしか売れないときもあるので、手を出さない方がいいでしょう。
ただすべての市街化調整区域の土地で建てられないわけではなく、いろいろな条件を満たすことによって何とか建てられるときもあります。
ではすぐに建てられるかですが、住宅を建てるに当たって必要な設備が整っているかを確認しないといけません。
市街化調整区域は周辺に住宅がない可能性があります。
住宅や商業施設があるとき、それらの住宅のための水道、ガス、電気のための電柱などが近くにあります。
でも人が住まない市街化調整区域にはそれらがない可能性があります。
元々誰かが住んでいた土地であれば一応は残っている可能性があるでしょうが、無い時は水道などを引っ張る工事が必要になるでしょう。

Page Top